浄安寺本尊(岩槻市指定有形文化財)

阿弥陀如来像(平安時代の建造)

浄安寺の本尊は中央須弥壇に安置される阿弥陀如来像の真後ろにある位牌所の中央に安置されている。光背、蓮座は後世の作であるが、平安時代の作とされる木造の阿弥陀如来坐像である。

岩槻大仏(木造阿弥陀如来像)

須弥壇中央に安置された木造阿弥陀如来は中位で印を結ぶ珍しい姿の坐像である。改修の時に修理され、頭部に墨書が発見された。江戸時代中期の作。
なお、この阿弥陀如来坐像は同町内にあった観音寺の本尊で、その巨大な像容から「岩槻大仏」といわれたという。