宗祖法然上人御影

宗派 浄土宗
宗祖 法然上人(1133〜1212)
開宗 承安5年(1175)
本尊 阿弥陀仏(阿弥陀如来)
教え 阿弥陀仏の平等お慈悲を信じ、「南無阿弥陀仏」とみ名をを称えて、人格を高め、社会のためにつくし、明るい安らかな毎日を送り、往生(西方極楽浄土に生まれること)を願う信仰です。
お経 お釈迦さまがお説きになった『無量寿経』『観無量寿経』『阿弥陀経』の浄土三部経をよりどころとします。

浄土宗

壇信徒信条

私たちは、お釈迦さまが本懐の教えとして説かれた、阿弥陀さまのお救いを信じ、心のよりどころとしてお念仏の道を歩み、感謝と奉仕につとめましょう。

私たちは、宗祖法然上人のみ教えをいただいて、阿弥陀さまのみ名を称え、誠実と反省につとめましょう。

私たちは、お念仏の輪をひろげ、互いに助け合い、社会の浄化と、平和と福祉につとめましょう。

宗歌

月かげのいたらぬさとはなけれどもいたらぬさとの心にぞすむ

法然上人御作の歌で、ご真作と言われる和歌23首のうちで代表的な1首であり、鎌倉時代の『続千載和歌集』にも選ばれています。

阿弥陀さまの御光は、月あかりと同じようにあらゆる場所やすべての人々の心を照らしており、信仰する者だれをでも救い摂るという慈悲の心を歌われたものです。